目薬と睡眠薬の関係!?

 睡眠薬にまつわる数ある噂話の中に、目薬と睡眠薬に関するものが

あります。

 
 これは管理人が小学生の頃に聞いた話で、お酒に目薬を混合すると

なんと睡眠薬が(睡眠液?)が出来上がるというものです。

 もともと睡眠薬というと、なんとも薄暗く閉鎖的なイメージがある

ので様々な噂話もありますが、これは昔の漫画にも良く出てきていま

した。

 
 さて、実際はどうなのでしょう?

 調べてみたところ、論理的には正しい噂のようです。

 目薬には様々な成分が含まれていますが、その中の「スコポラミ

ン」という成分は脳に働きかけ、眠気を引き起こすというものです。


 ですから、もともと催眠作用のあるアルコール類に目薬をポトリと

垂らせば相乗効果で眠気を催すということです。


 しかし、これはあくまで“論理的”にはという話で、実際のところ

全然効果が上がらないようです。

 
 実例としては、前の会社の同僚のおじさんが試したことがあると話

していまいした。

 
 仲間たちと集まり、本当にパタリと眠ってしまうのか、お酒に目薬

をたらしたそうです。

 
 結果としては、まったく眠気が訪れることはなく、酒がマズくなっ

ただけだ!!・・・そうです。

 
 この噂は本当に色々なことが語られているようですが、現実なんて

そんなものでしょう。

 ちなみに、今現在、絶対にこれを試してはいけません。

 目薬にスコポラミンが含有されていたのはかなり昔の話で、

 今現在の目薬をお酒を混入すると様々な副作用がでる恐れがありま

す。 

 薬剤に関する知識のない者が勝手に薬を混合すること自体に危険が

あります。独断による飲み合わせはまったくもって賛成出来ないもの

です、絶対におやめ下さい。

 
【注意】 お薬は専門の医師の指示に従って使用してください。
 
     当ブログによって生じた損害については一切責任を

     負いません。
タグ:睡眠薬
posted by HARUKI at 15:45 | Comment(0) | 睡眠薬・種類と副作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。