【スポンサードリンク】


夢遊病と睡眠薬

 睡眠薬にまれに見られる夢遊病(睡眠随伴症状)について、昨年に

厚生労働省より注意喚起があった睡眠薬があるのでまとめてみます。

 
 2007年3月に米国のFDA(米食品医薬品局)が副作用の警告欄を

改訂したことに端を発しています。

 
 13種類の睡眠薬に改訂が行われましたが、その中でも特に取り上げたいのが、マイスリー(ゾルピデム)です。

 
 FDAによると、マイスリーを服用した患者が、眠ったまま車の運転

を行う、調理をしたり、食事をする、ネットで買物をしたなどの実例

が報告されたそうです。

 これらは夢遊病の一種と見られ、当事者はまったく覚えていない

そうです。

 
 管理人はマイスリーをメインに使用していましたが、夢遊病のよう

なことも本当に経験しています。

 副作用の件でも紹介しましたが、友人の家に泊ったときのことです。

 その夜、管理人と友人はスーパーに翌朝の食事を買いに行きました。

 牛乳とパンです。

 友人と談笑してその夜はマイスリーを飲んで眠りました。

 夜中に突然管理人はむくりと起き上がり、パンと牛乳を飲んで、再

び眠り込んだのを、ゲームをしていた友人が見ていたそうです。

 
 翌朝、管理人は友人に訴えました。

 「朝ごはん、ないんだけど、もしかして食べた?」

 友人は「お前が自分で食べたんだよ」と返したのです。

 彼は人のものを勝手に食べる人ではありません。

 
 このような夢遊症状を起こす睡眠薬は少なくありませんが、今回

ショッキングだったのが、それがマイスリーだったことです。

 マイスリーは世界ではもちろん、日本でも良く使われている睡眠薬

だったからです。

 
 FDAの調査によると、このような夢遊症状が見られた患者の90%

は、寝る前に少量でもアルコールをとっていたことが報告されていま

す。

 
 この3ヵ月後に、おそらくはFDAの動きを受けて、厚生労働省が

睡眠薬の警告欄の改訂を行いました。

 
 改訂されたのは、酒石酸ゾルピデム(マイスリー)ゾピクロン(アモバン)トリアゾラム(ハルシオン)の3つです。

 具体的には、酒石酸ゾルピデム(マイスリー)ゾビクロン(アモ

バン)
には、「もうろう状態、睡眠随伴症状(夢遊病)が起こる可能

性がある」と加筆。

 トリアゾラム(ハルシオン)に関しては、「睡眠随伴症状(夢遊

病)が起こる可能性がある」と加筆し、注意喚起を促しました。


 重ね重ねですが、マイスリーに睡眠随伴症状が見られたケースの9

0%は、少量でもアルコールを摂取していたことが強調されていま

す。

 【注意】

 睡眠薬とアルコールの併用はおやめ下さい。

 
 自分で睡眠薬の服用を勝手に中止しないで下さい。
 
 中止する場合は、必ず専門の医師との相談の上に行ってください。 
 

タグ:睡眠薬
posted by HARUKI at 14:54 | Comment(0) | 睡眠薬・種類と副作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。