離脱症状と睡眠薬

 睡眠薬をやめると決意する時、立ちはだかるのは「反跳性不眠」と

いうのはお話しましたが、「離脱症状」もそのひとつです。


 「離脱症状」というのは薬の服用をやめた際に出現する症状で、

睡眠薬の離脱症状としては、「不眠、強迫観念、強い不安、体の感覚

異常」などが挙げられます。


 離脱症状に関する勉強をしていて良く出会うのが、睡眠薬を服用し

ていた女性が妊娠を期に睡眠薬を中止し、強い不安感などに襲われる

というものです。

 
 
 管理人も睡眠薬をやめた時は、反跳性不眠と強い不安に苦しみました。

 せっかく薬を飲まなくなったのに、言葉に出来ない不安に襲われて

、眠れなくなり、眠れないから更に不安になるというデフレスパイラ

ルに陥ることになったのです。


 管理人が、睡眠薬を飲むことを他人に簡単に薦められない理由のひ

とつに、この離脱症状との付き合いが必要になってくることが挙げら

れます。
 
 
 ある統計によると、半年以内で睡眠薬の服用を中止した場合の離脱

症状の発現率が5%、1年以上の服用で82%の発現率になるそうで

す。

 一般的に半減期の短い薬ほど離脱症状が出やすく、1日以内に現れ

ると言われています。

 また、半減期の長い薬は、数日後から2週間後に離脱症状が現れる

そうです。


 離脱症状と反跳性不眠こそが、睡眠薬をやめるときのハードルであ

り、人々が睡眠薬を恐れる本質だと思います。

 
 睡眠薬を服用し始め、副作用などの心配からやめる、やめたのはい

いが離脱症状と反跳性不眠から睡眠薬をまた服用する、副作用などの

心配からやめる・・・


 以下に睡眠薬のやめ方について、一般的なものをまとめましたので

ご参考下さい。


【漸減法】 

 服用の感覚はそのままに、薬の量を減らしていくものです。減量に関しては専門の医師の指示に従って下さい。


【隔日法】

 中間型・長時間型睡眠薬のみに可能な方法。

 毎日、服用していたものを2日に1度の服用にするものです。

 詳しい方法は専門の医師の指示に従ってください。


【置換法】

 超短時間型睡眠薬、短時間型睡眠薬から、中間型睡眠薬、長時間型

睡眠薬へと置き換えていき、同時に量を減らしていく方法です。

 詳しい方法に関しては専門の医師の指示に従って下さい。



【注意】睡眠薬の服用を中止する際は、勝手にやめることは絶対にせ

ず、専門の医師との相談の上に行ってください。
タグ:睡眠薬
posted by HARUKI at 05:58 | Comment(0) | 睡眠薬・脱出法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。