ドラール(グアゼパム)

 【商品名:ドラール】
 
 (成分 グアゼパム)


 【種類】 中間・長時間型

 
 【特徴】 中間・長時間型ですが、基本的には入眠障害から熟眠障害までが適正とされています。


【適正のない方】


重症筋無力症、緑内障、睡眠時無呼吸症候群の方。



【注意を要する方】

 
 呼吸器系の病気、心臓病、肝臓病、高齢者の方。



【飲み合わせ】


 精神安定剤や向精神薬、抗うつ剤などの薬との併用はお控え下さい。

 アルコールは控えてください。


【用量】

<基本としては>成人は寝る前に1回20mgを飲みます。
 症状や年齢を考慮しますが、1日の上限は30mgになります。


【使用上の注意】


 寝るすぐ前に飲むようにします。

 効果の発現性が遅い方ですが、眠気が起こります。

 そのため仮眠の前は望ましくありません。
 
 また、何かの作業の前には絶対に飲んではいけません。

 筋弛緩作用によるふらつきなどから事故につながる可能性があります。


【妊婦の方】

 
 医師の判断になりますが、

 妊娠中の方は出来るだけ服用を避けることが望ましいです。

 
 授乳中の方はこれも医師の判断によりますが、授乳を中止するのが

基本となります。


【副作用】

 睡眠薬の分解・排出が比較的に、時間がかかるので、翌日に持ち越す可能性があります。

 その際は、起床時のだるさや倦怠感が起こります。

 管理人も経験したことがあります。


 また、筋弛緩作用によるふらつきなどは高齢の方は特に注意を要し

ます。その他には健忘やもうろう状態も考えられる範囲なので注意を

して下さい。

 
 管理人の実感としては、ある程度、翌日に持ち越すことは考えておかなくてはいけないのではないかと個人的には思います。


(!)使用に際しては、必ず専門の医師との診察の上、用法・用量を

厳守して、使用して下さい。
タグ:睡眠薬
posted by HARUKI at 20:01 | Comment(0) | 主な睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。