ハルシオン(トリアゾラム)

 【商品名:ハルシオン】

(成分:トリアゾラム)



【種類】  


超短時間型睡眠薬




【特徴】  

 
 睡眠薬を常用している方の間では、その発現性の高さは有名だと思われます。

超短時間型という種類に属していることからわかる通り、入眠障害に一般的には適しています。

発現性が早く、体内での分解・排出も早いので、「持ち越し効果」や翌日の倦怠感も、比較的は残ることは少ないといわれています。

      


【診察の際】 


 持病やアレルギーのある方、服用している薬がある方は申し出て下

さい。

 また妊娠中の方も同様です。


【適正のない方】


重症筋無力症、緑内障の方。 



【注意を要する方】

 
 呼吸器系の病気、心臓病、肝臓病、高齢者の方。



【飲み合わせ】


 精神安定剤や向精神薬、抗うつ剤などの薬との併用はお控え下さい。

 アルコールは控えてください。



【用量】

 <基本としては>成人は寝る前に1回0.25mg、高齢者の場合は
注意を要するので、寝る前に1回0.125mgが基本とされています。

 
 上記はあくまで基本であり、症状の度合いにより変動があります。
 
 医師の説明・指示を必ず守るようにして下さい。
 


【使用上の注意】


 寝るすぐ前に飲むようにします。

 効果の発現性が早いため、即座に眠気が起こります。

 そのため仮眠の前は望ましくありません。
 
 また、何かの作業の前には絶対に飲んではいけません。



【妊娠の方】

 
 妊娠中の服用は望ましくないです。使用する場合は、必ず専門の医

師と相談の上に服用して下さい。

 服用している場合は授乳は中止が基本となります。


 
 【副作用】

 
 翌日に持ち越すこと可能性は比較的には低いと思われます。

 しかし、人によっては、翌朝に眠気やふらつき(筋弛緩作用)、

 倦怠感が残るという報告もあります。

  また、もうろう状態などの報告もされています。

 
 また、2007年6月1日、厚生労働省により「使用上の注意」の

改訂が行われ、警告欄に「睡眠随伴症状(夢遊病)」が現れる可能性

があるとされています。


(!)使用に際しては、必ず専門の医師との診察の上、用法・用量を

厳守して、使用して下さい。
 


タグ:睡眠薬
posted by HARUKI at 14:25 | Comment(0) | 主な睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。