【スポンサードリンク】


母乳が出る副作用

 睡眠薬にも様々な副作用がありますが、これは生活に関わる副作用なので取り上げたいと思います。

 睡眠薬の中には、服用していると乳房が張る、母乳、更には生理の周期を狂わせるなどの副作用を伴うものがあります。

 
 生理が終わったばかりなのに、胸が張る、母乳が出るということは

妊娠しているのではという疑いを持つことになりますが、薬による可

能性があるので注意を要します。



 しかも、この副作用は睡眠薬に限らず、認知度が低い副作用だと思います。管理人も知りませんでしたから。

 
 このような副作用がある睡眠薬として代表的なものは、デパスとド

グマチール、パキシル、セパゾンなどが挙げられます(その他にもありま

す)。


 
 さて、なぜこのような副作用が起こるのでしょうか?

 これは薬の作用によるホルモン分泌が挙げられます。

 脳下垂体から分泌されるホルモンに「プロラクチン」というホルモンがあります。

 「プロラクチン」とは母乳の分泌に影響するものです。

 このホルモンが乳腺を刺激した結果、乳汁分泌が発生するのです。

 一連の副作用は、この結果起きると言われています。

 
 ちなみに管理人は男性ですが、管理人も胸が張りました。

 医師に説明されなかったので、違和感がありました。 
 
 調べて、驚きました。

 ひとによっては、男性でも母乳が出るそうです。

 こんな副作用もあるんですね。

 パートナーが睡眠薬を服用している男性は知識として知っておいた

方が良いかも知れません。

 
 この話題と関連して、あかちゃんには影響するのか?
タグ:睡眠薬
【妊婦と睡眠薬(赤ちゃんは)の最新記事】
posted by HARUKI at 11:53 | Comment(0) | 妊婦と睡眠薬(赤ちゃんは) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。