メラトニン(非・睡眠薬治療)

 睡眠薬を使わない治療法についてまとめてみました。サプリメントのひとつ、メラトニンです。

 これで不眠症が改善されたという方も聞きますので、解決の一歩になるかもしれません。ご参考下さい。

 【メラトニン(サプリメント)】

 最近、不眠症の治療で何かと名前が出るメラトニン。
 
 一体これは、どんなもので、どんな効果があるのでしょうか?

 そもそもメラトニンとは、脳の松果体で毎日分泌されている生体内

ホルモンの一種です。

 光の量と関係して分泌されるもので、明るいところでは多くなり、暗い場所では少なくなります。
 
 昼間は分泌量が増えて、夜間は分泌量が減るという事ですね。

 この分泌量の調整により、生活リズムを作っているそうです。

 逆に言えば、生活リズムが狂ってしまった方、不安定な方は、この

 メラトニンを飲んで調節することも出来るということです。

 不眠症の分野では、特に「入眠障害」に有効とされています。

 
 さて、効果のほどはどうなのでしょうか?

 ある臨床試験では、被験者の睡眠の質・睡眠の時間などで改善があったと報告されています。

 しかし、こんな統計もあります。

 1割の服用者が目に見える効果は上がらず、他の1割が悪夢や頭痛、また大量に服用した場合は意識障害を起こした。

 ちなみに管理人は、目に見える効果が上がらなかった1割の1人です。特に効果はありませんでした。

 ですが、不眠症が改善されたという方がいるのも事実ですので紹介しました。


【用法・用量】

就寝3〜5時間前に、1mgから3mgを飲むとされていますが、医師によって幅があります。必ず専門医にご相談下さい。

【注意:副作用】

 悪夢、頭痛、めまい、軽い憂鬱などが見られることもある。

 また妊娠中・授乳中の方、未成年の方、抑圧的な障害、内分泌腺の障害があるかたはメラトニンの服用はお控え下さい。 

 また日中などに使用すると生活リズムを崩す恐れがあります。

 使用に際しては、必ず専門医にご相談下さい。
タグ:睡眠薬
posted by HARUKI at 10:01 | Comment(0) | 睡眠薬・脱出法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。