【スポンサードリンク】


赤ちゃんにには影響するか?

 妊婦の方で、睡眠薬を飲んでいる方は、赤ちゃんへの影響を非常に心配しているでしょう。

 睡眠薬の胎児への影響についてまとめてみたいと思います。

 
 通常、妊娠をして1〜4週目は、受精して、着床が終わりすが胎児の胎盤がまだ形成されていません。

 5週目は、胎児に胎盤と血管が形成され始め、『母体からの供給を受け始める』と言われています。

 この5週目以降が、睡眠薬に対して特に慎重にならなくてはいけないと言われています。

 この赤ちゃんの形が作られる時期こそ、「催奇形性」を警戒する時期と言われています。

 
 具体例としては、妊婦の方でベンゾジアゼピン系睡眠薬・化合物を摂取した方の中には、奇形児・障害児を生んだケースが報告されています。
 
 これは、薬を投与していない患者群と比較してのケースだそうですが、確立は『かなり低い』と一般にいわれています。

 
 但し、妊婦の方にこのような数字を挙げるのは非常に心苦しいですが、薬を投与しない場合でも、生まれてくる赤ちゃんの5%は何らかの障害をもって生まれてきているそうです。

 ですから、どれほど睡眠薬の影響があるかは、はっきりとしたことはわからない、というのが一般論だそうです。

 
 また、アメリカにはFDA(薬剤胎児危険度分類基準)という妊婦の母体に影響を及ぼす薬の一覧が作成されていますが、日本ではこのような公的な一覧はないそうです(「Wikipedia 一部を参考」)。

 
 このように公的な情報が存在しない中でも、多くの医師、多くの書籍では、ベンゾジアゼピン系睡眠薬が胎児に及ぼす影響はきわめて低いと述べています。


「危険があるだとか、でも確立は低いだとか、一体どっちなんですか!?」


 はっきり申し上げられなくて、すみません。 

 
 結論から申しますと、『睡眠薬の影響がないとは言い切れない』と
言うのが、(管理人が)情報収集をしての考察です。
 

 また、管理人は睡眠薬に関する書籍を多数読んでいますが、どの書籍でも『危険性は低いが、妊婦は睡眠薬を飲まないのが望ましい』というものから『妊娠したら睡眠薬を避けるべきだ』と強調されています。

 
 最良の策は、『睡眠薬をやめる』ことにありますが、無理をしてやめることが本人の苦痛になることもあります。
 
 この場合は、投薬による治療が、薬の危険性を上回る場合のみ使用するのが基本的、とされているようです。


 
 【まとめ】

 睡眠薬が母体に影響を及ぼすことは、ないとは言い切れない。

 当然ですが、「睡眠薬をやめる」のが一番良い。

 睡眠薬を飲む場合は、治療の有益性が、薬の危険性を上回る場合にのみ行うのが基本的。

 お薬の危険の有無を確認するには、添付文書の『妊婦』『産婦』「授乳婦への投与』、また『禁忌』の欄をご参考下さい。

 
 【注意】

 上記の内容は、管理人が独自に収集したものをまとめたものです。

 当ブログを利用して生じた損害については、一切保障しかねます。

 従って、医師と相談する際の、参考程度にとどめておいて下さい。

 
 お薬を飲んでいる方は、必ず専門の医師にご相談ください。

 

 

 
 
 




 
タグ:睡眠薬
【妊婦と睡眠薬(赤ちゃんは)の最新記事】
posted by HARUKI at 15:51 | Comment(0) | 妊婦と睡眠薬(赤ちゃんは) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。