ベンゾジアゼピン系・睡眠薬の種類

 ひとくちにベンゾジアゼピン系睡眠薬といっても、その種類と作用

はいくつかに分類できます。

 
 一般的には、生物学的半減期によって分類していますので、ここでも例にならってまとめてみます。



 【4つの作用型】

 
 生物学的半減期が作用時間を決めているとは前述したとおりです

が、半減期の長短により、ベンゾジアゼピンを以下の4つに分類する

ことが出来ます。

 
 

 [超短時間作用型]

 
(生物学的半減期) 2〜4時間
 
 
 (特徴)

 作用の出現が非常に早く、すぐに分解排出されるため、持続は短いです。翌日に効果を持ち越すことがほとんどない。

 
(代表的な睡眠薬)

 トリアゾラム(商品名:ハルシオン)

 ゾピクロン (商品名:アモバン)

 ゾルピデム (商品名:マイスリー)



(一般的な対象)

 入眠障害


 
 【副作用】

 このタイプの睡眠薬を長期に渡って使用し急にやめると、以前よりひどい不眠状態(反跳性不眠)に陥ることがあります。
 また、健忘をきたしやすいという欠点があります。

 

 
 [短時間作用型]

(生物学的半減期) 6〜10時間

 
 
 (特徴)

 超短時間型と同様、作用の出現が早く、すぐに分解排出されるために持続は短い、翌日に持ち越すことは、比較的少ない方。

 
 
 (代表的な睡眠薬)
 
 プロチゾラム  (商品名:レンドルミン)

 ロルメタゼパム (商品名:エバミール)

 リルマザホン  (商品名:リスミー)

 エチゾラム   (商品名:デパス) 


 
(一般的な対象)

入眠障害

 
 
 【副作用】

 超短時間型と同様に、このタイプの睡眠薬は、長期に渡って使用して急にやめると、以前より不眠状態(反跳性不眠)に陥る場合があります。
 


 
 
 
 [中間時間作用型]

 (生物学的半減期) 20〜30時間

 
 (特徴)

 睡眠効果は持続しますが、生物学的半減期が、20〜30時間と長いので、翌日に効果を持ち越すことがあります。

 
 (代表的な睡眠薬)


 ニトラゼパム(商品名:ベンザリン)

 エスタゾラム(商品名:ユーロジン)

 クアゼパム (商品名:ドラール)

 
 (一般的な対象)

 入眠障害早朝覚醒中途覚醒

 
 【副作用】

 長時間型よりは、比較的可能性は低いですが、翌日に効果を持ち越す場合があります。その場合、翌日の日中に眠気を催す可能性があります。

 
 


 [長時間作用型]

(生物学的半減期) 50〜100時間

 
 
 (特徴)

 効果の持続は非常に長いのですが、翌日に持ち越すことが非常に多いです。
 
 
 
 (代表的な睡眠薬)

 ハロキサゾラム(商品名:ソメリン)

 フルラゼパム (商品名:インスミン)

 
 
 (一般的な対象)

 中途覚醒早朝覚醒

 
 
 【副作用】

 生物学半減期が非常に長いので、翌日に効果を持ち越す可能性があります。翌日の日中に眠気を催す可能性があります。



 
 【注意】

 睡眠薬の投薬治療を行う際は、必ず専門の医師とのご相談の上で行うようお願いします。

  




 
 

 
タグ:睡眠薬
posted by HARUKI at 14:34 | Comment(0) | 睡眠薬・種類と副作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。