【スポンサードリンク】


睡眠障害いろいろ

 そもそも不眠症というのは「睡眠障害」の一つのようです。管理人も勘違いしていたのですが、不眠症と睡眠障害は厳密に言えば、異なります。
 
 
 睡眠障害というのは、もっと広い意味のある言葉で、眠りすぎてしまう「過眠症」や夜寝ている時に何度も呼吸していない状態になる睡眠時無呼吸症候群。
 
 突然に居眠りをしてしまうナルコレプシーなど、睡眠に関する何らかの障害を「睡眠障害」といいます。
 そういう意味で、不眠症は「睡眠障害」の傘の下に存在することになります。

 
 「眠れない」という不眠の訴えから、「眠りすぎる」という過眠症、また「眠っている間に行動してしまう」という夢中遊行(夢遊病)など。

 
 管理人が高校に入学した時、クラスメイトにナルコレプシー(居眠り病)の男の子がいました。授業中、彼はいつも眠っているので不思議に思っていましたが、話をしていくうちにそうと知れました。
 
 「学校帰り、自転車に乗っている時に寝ちゃって、転んじゃっよ」
 
 なんて軽い感じで話していましたが、影ではそうとう悩んでいたと思います。そんな彼は、管理人の何倍も眠りで悩んだ経験があるでしょうから、彼には頭が上がりません。

 余談になりましたが、以下に睡眠障害の主なものを記載しておきます。文字数の関係で主要なものに限定しますが、こうしてみると「眠る」ということについて視野が広がります。
 
 不眠症の方は、必ずしも周囲の理解を得られるわけではなく、かといって言いづらいということもあるでしょうから、ともすれば孤独に陥ってしまいます。

 
 視野を広げたり、全体からご自身をとらえるのも有効と思いますので、ご参考に。
 
 
 【睡眠障害の分類】(睡眠障害国際分類より)


(1)睡眠異常 睡眠そのものが疾患であるもの。

   
   不眠症、ナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群、
   
   精神生理性不眠、概日リズム睡眠障害、睡眠状態誤認



(2)睡眠時随伴症 睡眠時に異常な行動をすること。

   睡眠時遊行症、夜驚症、睡眠時ひきつけ、周期性四肢運動



(3)内科・精神科的睡眠障害

   精神病、気分障害、不安障害、うつ病、パニック障害などによ   る不眠


(4)提案検討中の睡眠障害

   短時間睡眠者、長時間睡眠者 

 

   
   

 


 

 
タグ:睡眠薬
posted by HARUKI at 20:01 | Comment(0) | 不眠症・種類と原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。