塾眠障害(寝た気がしない)

 熟眠障害とは、一定の時間は眠ったにも関わらず、熟睡した感じがしない、寝た気がしないというタイプの不眠症です。そのため、心も体も疲れた状態に陥るというものです(不眠症全般にいえますが)。

 
 原因は、身体的疾患では、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群などが挙げられます。
 
 また、このタイプの不眠症に特徴的なのは、原因が中途覚醒もしくは早朝覚醒に求められる場合があることです。夜中に目覚めてしまったり、朝方目が覚めてしまったために、熟睡した感じがしない、こういうケースも熟眠障害の範囲になります。
 
 中途覚醒早朝覚醒が原因になることもある、ということですから、背景にうつ病の存在もあるかもしれません。
 
 その他、異常な低血圧、特発性過眠症などが挙げられ、要するに、なんらかの原因により質の良い睡眠が持続しないのです。

 
 また、熟眠障害を訴える患者さんの中に「夢を多く見る」と述べるのも特徴的だと思います。
 
 人間が夢を見ている時の睡眠を「レム睡眠」と言います。 レム睡眠の状態では、肉体は休んでいますが、脳は活発に働いています。
 
 夢を多く見ることと熟眠障害の関連性ははっきりと申し上げることは出来ませんが、夢ばかり見てしまい、熟睡できなかった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 【治療】
 
 身体的疾患の場合は、その根本となる疾患を治療することが求められます。
 
 睡眠薬の投薬をする際は、中間型睡眠薬が基本となります。また、早朝覚醒と中途覚醒が疑われるので、その背景にあるうつ病など、総合的な視野で生活を見直し、原因を追究することが治療の第一歩となります。

 
 【対策】

 不眠症全般に言えることですが、ストレスをためないようにすることだと思います。
 
 日中眠くて仕方なく、倦怠感に襲われますから、可能な限り体力を使わないよう努めるというお声を伺います。

 また、とにかく原因を追究することが第一歩となると思います。考えられる原因が多いので、体調や睡眠状態を記録するなどして、参考録を作ってみるのもいいかもしれません。

 
 【注意】

 睡眠薬の投薬を行う場合、中間型睡眠薬が基本になりますが、翌日への持ち越しに注意して下さい。日中、睡眠薬が抜けずに眠気が続く場合は、医師に相談して、ご自身に合う睡眠薬を使用して下さい。


 【まとめ】

 熟眠障害

 (特徴)

 一定の時間眠ったのに関わらず、熟睡できた感じがしない。そのため、心身の疲労が回復しない。

 (原因)

 身体的疾患では、無呼吸症候群、むずむず脚症候群。

 早朝覚醒中途覚醒が原因になっている場合も。

 その他、異常な低血圧、特発性仮眠症。

 (治療)

 身体的疾患の場合は、根本となる疾患の治療。
 
 早朝覚醒中途覚醒の場合はうつ病の可能性もあるので、うつ病の治療も視野に入れる。

 
 (対策)

 ストレスをためすぎないこと、原因をはっきりさせる

 (注意)

 睡眠薬を投薬する場合は、中間型睡眠薬の効果を翌日に持ち越す可能性があります。


  

 

 
タグ:睡眠薬
posted by HARUKI at 16:33 | Comment(2) | 不眠症・種類と原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
特発性仮眠症と特発性過眠症は同じものと考えていいのでしょうか?
Posted by よしお at 2011年09月12日 16:38
特発性過眠症の人は質のいい眠りがえれないのでしょうか?よろしくお願いします。
Posted by よしお at 2012年04月09日 14:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。